乙女鉱山甲府市側調査

Home  >>  活動報告  >>  鉱山部会  >>  乙女鉱山甲府市側調査

乙女鉱山甲府市側調査

投稿日:2017年5月14日 投稿者: カテゴリー:鉱山部会 コメント:なし







 5月14日(日)、甲府市にある乙女鉱山跡地の調査に入りました。乙女鉱山跡は、荒川を挟んで山梨市側と甲府市側に分かれており、古くから水晶をはじめとする鉱石を産出してきました。とりわけ、甲府市側は明治時代にモリブデン・タングステン等を有する希少な重石が産出された記録があります。同鉱山は国立公園のため、今回は環境省自然保護官に同行いただき、現状を見ていただきました。また、現在自然資源活用プロジェクトを進めている山梨市観光課の方もご参加いただきました。甲府市~山梨市にまたがる鉱山跡ですが、水晶等の資源を有する貴重な鉱山跡の保護・活用に向けて、今後も幅広い連携を図っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*