「山梨県の水晶:歴史と今、そして未来。」-得々三文会-

Home  >>  活動報告  >>  総合  >>  「山梨県の水晶:歴史と今、そして未来。」-得々三文会-

「山梨県の水晶:歴史と今、そして未来。」-得々三文会-

投稿日:2017年6月13日 投稿者: カテゴリー:総合,企画広報部会 コメント:なし







 6月13日(火)、当法人の正会員金井拓人さんが得々三文会という勉強会にて、「山梨県の水晶:歴史と今、そして未来。」と題した発表を行いました。山梨に何故水晶が産出するのかを地質的に分かりやすく解説した他、水晶鉱山の歴史と現状を当法人の調査に基づいて話しました。また、自身が所属する「やまなし伝統工芸館」を紹介し、水晶研磨の伝統技術を継承することの必要性を訴えていました。何より、そこを子どもたちが水晶について学ぶ拠点にしたいと熱をもって語っていたのが印象的でした。参加された方々に、山梨の水晶の魅力と当法人の活動を知っていただく、有意義な一時となりました。
 
得々三文会
やまなし伝統工芸館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)