福井視察

Home  >>  活動報告  >>  企画広報部会  >>  福井視察

福井視察

投稿日:2016年6月12日 投稿者: カテゴリー:企画広報部会 コメント:なし







6月12日、福井県へ水晶を学ぶ旅に出掛けました。
最初に、福井県立こども歴史文化館で常設されている「ふくいが生んだ二人の鉱物学者」(和田維四郎[わだつなしろう]と市川新松[いちかわしんまつ])の展示を見に行きました。
和田維四郎は、幕末から明治にかけて日本の鉱物学・地質学の分野で偉大な足跡を残した学者です。一方、市川新松は山梨とも縁の深い人物で、山梨県師範学校に籍を置き、水晶の結晶構造を研究していました。当日は市川鉱物研究室にもお邪魔し、お孫さんの市川啓氏による貴重な説明を伺いながら、素晴らしい展示品の数々を見学させていただきました。
最後に、福井市自然史博物館にも立ち寄り、平成24年3月に百瀬コレクションの展示を開催した事実を知りました。日帰りではありましたが、大変充実した一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*