甲府市役所と、水晶による甲府市の活性化に関する面談を行いました。

Home  >>  活動報告  >>  企画広報部会  >>  甲府市役所と、水晶による甲府市の活性化に関する面談を行いました。

甲府市役所と、水晶による甲府市の活性化に関する面談を行いました。

投稿日:2012年3月27日 投稿者: カテゴリー:企画広報部会 コメント:なし

水晶を甲府市の活性化に活かせないか考えるため、山中市議の呼びかけで当法人の宮川会長が甲府市観光課との面談(10:30~12:00)に同席しました。市の出席者は産業部産業振興推進室室長さんと同室商工振興課課長さん、観光課課長さん及び係長さん、農林振興室整備課長さん、の計5名でした。
甲府市は水晶が産出したことにより、江戸時代から水晶研磨産業も輝かしい発展を遂げてきました。これらの水晶資源と研磨産業を見直し、他県にはない財産として市の活性化の一つとしてとらえてほしいという山中市議と宮川会長の提起に、市の関係者は静かに耳を傾けて下さり大変有意義な時間となりました。
これからは行政の方々のご協力もいただきながら、水晶鉱山の保護及び水晶研磨産業の継承を通して、観光振興さらには地域全体の活性化へつなげていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)