宝石美術専門学校を訪問。現状や要望を聞きました。

Home  >>  活動報告  >>  職人部会  >>  宝石美術専門学校を訪問。現状や要望を聞きました。

宝石美術専門学校を訪問。現状や要望を聞きました。

投稿日:2009年9月6日 投稿者: カテゴリー:職人部会 コメント:なし

甲府市中心街への移転が決定している山梨県立宝石美術専門学校ですが、残念ながら今年も受験者が定員割れとなりました。不景気や少子化といった問題が避けられない今こそ、学校の存在価値が問われています。
伝統技術の後継者育成を目指す当法人としても、地場産業に根付いた独自性のある運営を希望し、そのあるべき形を提案していきたいと考えています。
そうした一環として、9月6日、同学校卒業生の方々にご協力いただき、学校の現状や要望をお聞きする場を設けました。



授業のカリキュラムや卒業後の環境など、当事者ならではの率直なご意見を多数伺うことができました。そうした貴重なお話を、今後の活動にしっかり活かしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)